EPC(設計、資材調達、建設工事)は日昇工業にお任せください

株式会社日昇工業ではこれまでの建設に携わる経験を基に、太陽光発電メガソーラー事業をスタートしました。主に大きな発電量及び税制優遇メリットがある事業用ソーラーに特化しております。私たちの特徴は太陽光発電事業を通して、EPC(設計・資材調達・建設工事)ソリューションをワンストップで提供できることです。発注者にとってEPC契約を採用すれば、施工ミスや資材の高騰など設計・調達・建設にかかわるリスクを低減できるメリットがあります。

企画・提案

ヒアリングを行い、現地調査、シミュレーションのご提案を致します。

設計・調達

事業スケジュールのご提案、電力設備調査、資材、部材や工法の選定、申請手続きを致します。

建  設

測量・基礎工事、太陽光電池モジュール設置工事、系統連系

 
完成後も完全サポート(改正FIT法対応)

日昇工業 グループでは、太陽光発電所の建設後もサポートが万全な体制を整えております。

太陽光パネルは屋外に設置するため、雨風に曝され、ほこり、花粉、枯葉、水垢、鳥の糞、周辺の雑草に太陽光を妨げられ、想定通りの十分な発電ができなくなります。それを避けるためにも管理・メンテナンスが必要不可欠です。

太陽光発電事業のメリット

国の法律で発電された電力は、20年間定額で電力会社に一定の金額で買い取ることが義務付けられ国より保証されています。資金の調達と日当たりの良い場所を確保できれば安定した収入が見込める資産運用が可能です。グリーン投資減税による優遇税制もあり、導入費用を初年度に全額損金で計上もできます。

活用できずにいた土地に太陽光発電所を建設することにより、収益を生むことが期待できます。太陽光発電による土地活用は長期にわたる安定収入、眠っている土地の有効活用、すでに活用している土地の二重活用などメリットがたくさんあります。

企業活動そのものが地球環境に大きな負荷をかけているので、次の世代にこの地球を引き渡すために企業が果たすべき役割が大きいことから、太陽光発電のGHG排出量は化石燃料による電源の排出量より桁違いに少なく、利用することで化石燃料の消費量を削減し、全体的な排出量を削減できるため、企業の信頼性を高めるCSR活動に大きく貢献します。

 

株式会社 日昇工業

〒983-0821 宮城県仙台市宮城野区岩切2-3-36

TEL:022-396-1531 / FAX:022-396-5121

問い合わせフォーム

Copyright (C) 2016 NISSHO KOGYO ACTIVE CORPORATION. All Rights Reserved.

造成工事